不二出版

書籍紹介

三田新聞 〔大正6年~昭和46年刊〕 全14巻・別冊1 〔復刻版〕

『三田新聞』は、日本における最初の学生新聞であり、
大正デモクラシーの所産ともいうべき資料である。

創刊号の一面中央に、福沢諭吉の「慶応義塾は一所の学塾として……」を掲げ、
同紙の創刊の言葉には
「三田輿論を喚起し、慶応義塾の一報道機関たるべし」と述べられている。
以後、五十余年、「東洋創始」のスローガンを常に紙面にかかげ、
三田新聞会によって継続・発行されてきた。
推薦∥阿利資之(中日新聞社客員)

石川忠雄(慶應義塾長)

加藤寛(慶應義塾大学経済学部教授)

佐藤公偉(読売新聞社新聞監査委員会幹事)

寺尾誠(慶應義塾大学経済学部教授・現主幹)

富田正文(社団法人福沢諭吉協会理事長・元主幹)
三田新聞学会刊〔大正6年~昭和46年刊〕
別冊∥記事・執筆者索引
A4判・上製・函入・総5,154頁
揃定価260,000円+税
’87年5月~’88年2月配本完結〔復刻版〕

 

ISBN一覧
 配本回数 巻数 ISBN 本体価格
第1回配本(第1巻~第3巻) 978-4-8350-0480-8 65000円+税
第2回配本(第4巻~第7巻) 978-4-8350-0484-6 65000円+税
第3回配本(第8巻~第10巻) 978-4-8350-0489-1 65000円+税
第4回配本(第11巻~第14巻・別冊1) 978-4-8350-0493-8 65000円+税

 

 

  カタログダウンロード