不二出版

書籍紹介

児童と宗教【復刻版】 全15巻・別冊1

『児童と宗教』及びその後継誌『青少年と宗教』は、真宗大谷派京都本山に設置された社会課において、武内了温が事業として推進し、戦前の宗教と社会の接点として隆盛を極めた「日曜学校」の機関誌である。「教育と宗教」のあり方を示す重要資料を復刻!
保育・教育の原点として近代教育史や宗教史のみならず、ひろく近代史研究に資する文献である。

 

◎解 説  佐賀枝夏文(大谷大学教授)
◎推 薦  長谷川匡俊(大乗淑徳学園理事長)・谷川穣(京都大学大学院文学研究科准教授)

◆体 裁  A5判・B5判(第7巻)/上製/総約7,800頁
◆揃定価  本体285,000円+税
◆別 冊  解説(佐賀枝夏文)・総目次・索引
(別冊のみ分売可=本体2,000円+税 ISBN978-4-8350-7543-3)

 

 

配本 復刻版 原本 発行年月 配本年月 定価
巻数 巻号数 ISBN
第1回 第1巻 第1巻第1号 1922年4月 2013年12月 95,000円+税
~第5巻 ~第2巻第8号 ~1928年9月 7524-2
別冊 解説・総目次・索引
第2回 第6巻 第7巻第11号 1928年11月 2014年5月 95,000円+税
~第10巻 ~第13巻第7号 ~1934年7月 7531-0
第3回 第11巻 第13巻第8号 1934年8月 2014年10月 95,000円+税
~第15巻 ~第16巻第8号 ~1937年8月 7537-2

 

※価格の下のISBNは数字の前に978-4-8350が付きます。

  カタログダウンロード