不二出版

書籍紹介

十五年戦争極秘資料集 補巻28 資料集成 戦争と障害者〔第1期〕 全7冊

大日本帝国の侵略戦争推進によって、
身体・知的・精神障害者はどのような被害を受け、
同時に加害者にもされてきたのか。
また、戦争によってひとびとはどのように障害者にされ、どのように遇されてきたのか。
日露戦争以降、第二次世界大戦までの日本帝国のありようを
軍隊と障害者の視点から映し出す資料集成。

 

推薦:野田正彰(関西学院大学教授)

吉田裕(一橋大学大学院教授)
〔構成と配本〕

    配本年月 ISBN
第1冊 『病床日誌』知的障害編 1 2007年2月 978-4-8350-5759-0
第2冊 『病床日誌』知的障害編 2 2007年4月 978-4-8350-5760-6
第3冊 1905年~1941年の諸資料 2007年6月 978-4-8350-5761-3
第4冊 1942年~1997年の諸資料 2007年8月 978-4-8350-5762-0
第5冊 『病床日誌』戦争神経症編1 2007年10月 978-4-8350-5763-7
第6冊 『病床日誌』戦争神経症編2 2007年12月 978-4-8350-5764-4
第7冊 『病床日誌』戦争神経症編3 2008年2月 978-4-8350-5765-1

 

清水寛(埼玉大学名誉教授)編
A4判・上製・函入・総約2,500頁

各冊定価=本体20,000円+税

揃価格=本体140,000円+税

 

  カタログダウンロード