不二出版

書籍紹介

十五年戦争極秘資料集 補巻29 陸軍省『調査彙報』 全5冊・別冊1

『調査彙報』は1928(昭和3)年6月の第1号から
1936(昭和11)年12月の第53号まで陸軍省から発行されたマル秘文書である。
(現在確認できたものは、上記以外の号外等も含めて79冊)
徴兵制によって幅広い大衆層から兵士を確保していた陸軍は、
社会情勢、なかでも左派・右派の思想状況や末端の一般兵士の動静の掌握は必須であった。
『思想彙報』はそのことをふまえて、軍隊の統制・管理に当たる将校を啓発するために
編集・発行されたものである。
『調査彙報』には日本国内外の状況やその社会・思想情勢が具体的に記され、
また入隊後の日本軍兵士の状況やその思想状況をめぐる諸問題についても
報告や分析がなされている。
「満州事変」直前から日中全面戦争直前までの陸軍中央の社会情勢に対する認識や、
日本兵士観、軍隊内統制のあり方などを伝える他に類を見ない資料である。 
 推薦:吉田裕(一橋大学大学院教授)
 【概要】
■松野誠也(明治大学大学院博士後期課程・日本現代史) 編・解説 
■体裁=A4判・上製・函入・四面付・1,536頁
■収録=第1号(1928年6月)~第53号(1936年12月)+号外・別冊・付録等 計70冊分
■各巻本体価格=15,000円+税(別冊のみ1,000円+税)  揃本体価格76,000円+税
 
第1回配本(第1巻+別冊)=ISBN978-4-8350-5835-1
第2回配本(第2巻)=ISBN978-4-8350-5836-8
第3回配本(第3巻)=ISBN978-4-8350-5837-5
第4回配本(第4巻)=ISBN978-4-8350-5838-2
第5回配本(第5巻)=ISBN978-4-8350-5839-9
 
【別冊】解説・総目次・索引 <これのみ分売可:1,000円+税>ISBN978-4-8350-5840-5
’07年9月~’08年5月配本
 

 

  カタログダウンロード