不二出版

書籍紹介

夢を食う――素描 荒畑寒村

「貘てふ獣は夢を食ふと聞けど、われはまことに夢を食ひて生き来りし也」
――”冬の時代”の雑誌から、悲しみの日に描いた一枚の画から、
文学者になりきれなかった革命家・荒畑寒村を素描する。

 
堀切利高 著
四六判・上製・264頁
定価2,800円+税 / ISBN978-4-8350-0317-7
’93年4月刊