不二出版

書籍紹介

戦前期仏教社会事業資料集成 全13巻 〔編集復刻版〕

戦前期において仏教が社会事業に果たした役割は大きく、

僧侶ら仏教者有志設立の施設、各宗派主導の事業、

寺院に附設された施設などは膨大な数に上がる。

しかし、関係資料の入手が困難なこともあって、

これら仏教社会事業の全貌を明らかにする研究は、

これまで余り進展してこなかった。

本資料集成は、各宗派が発行した刊行物のなかから主要なものを選んで整理・編集し、

戦前期の仏教社会事業の軌跡を追ったものである。

仏教史・仏教福祉のみならず、広く近代史・社会福祉を研究するにあたって、

必携の基礎資料となろう。

 

推薦 長谷川匡俊(淑徳大学学長・長谷川仏教文化研究所所長)

室田保夫(関西学院大学人間福祉学部教授)

 

概要
体裁=A5判・上製・総約7,500頁
定価=本体揃価格334,000円+税
編・解題=中西直樹(龍谷大学)・高石史人(筑紫女学院大学)・菊池正治(久留米大学)

 

配本 復刻版巻数 ISBN 本体価格 配本年月
第1回配本 第1巻~第6巻 978-4-8350-7015-5 150,000円+税 2011年9月
第2回配本 第7巻~第10巻 978-4-8350-7022-3 100,000円+税 2012年7月
第3回配本 第11巻~第13巻 978-4-8350-7027-8  84,000円+税 2013年6月

 

  カタログダウンロード