不二出版

書籍紹介

春、雪ふる――荒畑寒村戦中日誌

荒畑寒村の唯一残された戦前の日誌――『昭和一八年日誌』(寒村五七歳)及び
『昭和一九年日誌』。
戦時の閉塞した状況下、注意深く時事批判を避けながら
当時の生活や感情が直截に記されている。
荒畑寒村 著/岡部伊都子 序/堀切利高 解説
四六判・上製・152頁
定価1,500円+税 / ISBN978-4-8350-1614-6
’93年4月刊