不二出版

書籍紹介

更生 〔昭和10年~昭和16年刊〕 全7巻・別冊1 〔復刻版〕

昭和七(一九三二)年以後、

被差別部落において開始された「経済更生」運動は、
農地獲得、農産物販売等を通して、

水平運動に対抗、愛国心と融和の精神を部落内部に浸透させた。
昭和一二年の日本の中国全面侵略以降、

経済更生運動は、軍需産業への転業職と
「満州」移民の奨励に尽きることとなり、

侵略戦争に部落大衆を動員するための手段と化す。
『更生』は経済更生の機関誌として十五年戦争下のその実態を伝える

貴重な資料である。
■推薦∥秋定嘉和(池坊短期大学教授)

由井正臣(早稲田大学教授)

渡部徹(元京都大学教授〈故人〉)
水平運動・部落史研究資料(1)
(財)中央融和事業協会刊〔昭和10年~昭和16年刊〕
別冊∥解題 藤野豊(日本近現代史研究者)・総目次・索引

(これのみ分売可 定価1,000円+税) ISBN978-4-8350-1603-0

 

 

A5判・上製・函入・総2,688頁
揃定価60,000円+税

ISBN978-4-8350-1595-8
’96年2月再刊〔復刻版〕

  カタログダウンロード