不二出版

書籍紹介

月刊民藝・民藝【復刻版】 全12巻・別冊1

『月刊民藝』は、日本民藝協会の機関誌として、昭和14(1939)年4月に創刊、同17年1月から『民藝』と改称されて同21(1946)年7月発行の第70号まで刊行された。

柳宗悦らによって見出された〈無銘〉の道具。自然の風土から生まれた〈健全な美〉を感受し、失われつつある生活文化を追求し続けた運動の足跡。

 

原本:発行所=日本民藝協会/編集発行人=浅野長量/編集責任者=式場隆三郎

発行=第1号(1939年4月)~第70号(1946年7月)

体裁:A5判・上製・総4,930頁(各巻平均約410頁)

 

別冊:解説・総目次・執筆者索引(別冊のみ分売可=1,000円+税)

ISBN978-4-8350-6177-1

 

解説:水尾比呂志〈日本民藝協会会長〉/尾久彰三〈(財)日本民藝館学芸員〉/

杉山享司〈同学芸員〉/村上豊隆〈同学芸員〉/白土慎太郎〈同学芸員〉

推薦:大城立裕〈作家〉/鶴見俊輔〈哲学者〉/水尾比呂志

 

定価:本体揃価格180,000円+税

 

配本:

第1回配本 第1巻~第6巻+別冊  90,000円+税

ISBN978-4-8350-6163-4      2008年7月刊行

第2回配本 第7巻~第12巻    90,000円+税

ISBN978-4-8350-6170-2       2008年12月刊行

 

 

  カタログダウンロード