不二出版

書籍紹介

朝鮮戦争下 公安関係資料-光永源槌資料 【編集復刻版】 全5巻+別冊1

本資料は、弊社刊行マイクロフィルム版『戦後日本共産党関係資料』、

復刻版『特審月報』と共に、

朝鮮戦争期に展開された日本共産党とそれを監視し弾圧する公安機関の双方の活動を

克明に解き明かす、貴重な史料であり、

山口県を中心に地域レベルの具体的動きを知りうる点で、

典型的地域の詳細な社会運動資料である。
本書原資料提供、編・解説者の渡部富哉が、光永源槌という無名の公安調査官に注目し、

残された資料の中に朝鮮戦争、日本共産党「50年問題」、

在日朝鮮人運動についての珠玉の史資料を発掘。

1952~1955年の資料136点を復刻。

 

推薦=加藤哲郎(一橋大学名誉教授・早稲田大学客員教授・政治学)

 
〔概要〕
収録 1952年~1955年の資料136点 2,006頁
揃価:100,000円+税
別冊 編・解説・改題(井上敏夫・井上學・渡部富哉)
(別冊のみ分売可=1,000円+税 ISBN978-4-8350-6690-5)
配本:2011年4月
ISBN978-4-8350-6683-7

 

 

  カタログダウンロード