不二出版

書籍紹介

朝鮮総督府帝国議会説明資料【編集復刻版】 第4回配本(第18巻・第19巻)

『朝鮮総督府帝国議会説明資料』第4回配本。「帝国」、「植民地」という紐帯――どのような想像力と活動にささえられていたのか!

本資料は「大日本帝国」が「植民地」として支配下に置いた朝鮮社会への「統治」政策、その「現状」に関して、朝鮮総督府が帝国議会での答弁、政府中央への報告のために作成したものである。第4回配本では、新しく収集した1932(昭和7)年〔第62回・63回帝国議会〕、1933(昭和8)年〔第64回・65回帝国議会〕の殖産局、内務局、鉄道局、逓信局、専売局、農林局等及び東洋拓殖株式会社による『帝国議会説明資料』をまとめた。

 

◎推 薦  水野直樹(京都大学人文科学研究所教授)

 

◆体 裁  A4判・4面付(1部2面付)・上製・総700頁

◆価 格  本体56,000円+税

◆刊 行  2013年12月

 

 

配本 巻数 定価 ISBN
第1回配本 第1巻~第5巻 180,000円+税 978-4-8350-2394-6
第2回配本 第6巻~第10巻 180,000円+税 978-4-8350-2400-4
第3回配本 第11巻~第17巻 175,000円+税 978-4-8350-2406-6
第4回配本 第18巻・第19巻 56,000円+税 978-4-8350-7493-1

 

◆配 本  全4回配本(全19巻)

◆体 裁  A4判・4面付(1部2面付)・上製・総約5,940頁

◆揃定価  本体591,000円+税

◎推 薦  海野福寿・水野直樹・朴慶植・宮田節子

 

 

  カタログダウンロード