不二出版

書籍紹介

沖縄新民報・自由沖縄 〔1946年~〕 全2巻 〔復刻版〕

『沖縄新民報』は、1946年1月、

九州各地に疎開していた沖縄出身者のための情報紙として、

親泊政博によって福岡で創刊。
『自由沖縄』は、1945年12月、

沖縄人連盟の機関紙として、

比嘉春潮を中心として、東京で創刊された。

両紙は、沖縄が米軍占領下にあり、

沖縄出身者の社会と完全に分断されている状況にあって、
九州への疎開者や外地からの引揚者と結ぶ唯一のパイプであった。
弊社では『うるま新報』と共に、

戦後日本の沖縄人社会を知る資料として、
あるいは、占領下の日本を見直す資料として復刻する。
■推薦=我部政男(山梨学院大学大学院教授)

 

解説(新崎盛暉)付き
B4判・上製・総642頁
揃定価48,000円+税

ISBN978-4-8350-0319-1
’00年5月刊

  カタログダウンロード