不二出版

書籍紹介

牟婁新報(むろしんぽう) 〔明治33年~大正9年〕 全33巻・補巻1・別冊1  〔復刻版〕

本紙は、1900(明治33)年4月、和歌山県田辺町(現在の田辺市)で創刊された。
社長・主筆は毛利柴庵(もうり・さいあん)。柴庵は進歩的仏教徒であり、
仏教界の革新を目指した『新仏教』にも関与しており、
その関係から初期の社会主義者たちとの交流も深かった。
そのため単なる一地方紙にとどまらず、県内は大石誠之助・成石平四郎、
県外からは幸徳秋水・堺利彦・管野すが・荒畑寒村など、社会主義者をはじめとする
革新思想者が多く論陣を張り、平民社落城後はほとんど唯一の
初期社会主義の砦とも言うべき存在であった。
また一方、環境保全・自然保護の問題にいちはやく取り組んだメディアでもあった。
1906年からの「神社合祀問題」を宗教の自由の問題として、
そして環境破壊の問題としてとりあげたが、このとき柴庵とともに健筆を揮ったのが
後に世界的な民俗学者・博物学者としてその名を馳せる元祖エコロジスト
南方熊楠であった。

 

毛利 柴庵(もうり・さいあん 1871年~1938年)
和歌山県新宮市に出生。幼名熊二郎。
1884年、13歳で和歌山県田辺市の高山寺にて得度。僧名清雅。
東京日々新聞の社員を経験し、高野山大学林を主席で卒業し高山寺住職となって、
1900年4月『牟婁新聞』の主筆兼主宰となる。
『牟婁新報』で論陣を張る傍ら1910年田辺町町議会議員、
翌1911年には和歌山県県会議員に当選。
1925年『牟婁新報』休刊、和歌山市に移り住み紀州毎日新聞社主となった。

 

 

【推薦】
鶴見和子(上智大学名誉教授・社会学)
高嶋正明(和歌山大学経済学部教授)
中瀬喜陽(南方熊楠邸保存顕彰会理事)
堀切利高(平民社資料センター)
赤松徹眞(龍谷大学文学部教授)

【解説】
門奈直樹(立教大学教授)
武内善信(和歌山市立博物館学芸員)

【概要】
第Ⅰ期=B4判・上製・総約5300頁

Ⅰ期別冊=解説(門奈直樹・武内善信)・執筆者索引

(別冊のみ分売可=本体価格2,000円+税 ISBN978-4-8350-3089-0)
第Ⅱ期=B4・A4判・上製・総3316頁

 

第Ⅲ期=A4・B4判・上製・総2600頁

Ⅱ・Ⅲ期別冊=解説(武内善信・中瀬喜陽)・執筆者索引

(別冊のみ分売可=本体価格2,000円+税 ISBN978-4-8350-5157-4)

 

【配本】

【第1期】

収録巻数

原本収録年次

本体価格

ISBN

第1回

第1巻

~第3巻

明治33年4月~34年8月

84,000円+税

978-4-8350-3069-2

明治35年5月~36年2月

明治36年4月~10月

第2回

第4巻

~第6巻

明治37年1月~10月

84,000円+税

978-4-8350-3073-9

明治38年1月~39年7月

第3回

第7巻

~第9巻

明治39年9月~41年9月

84,000円+税

978-4-8350-3077-7

第4回

第10巻

~第12巻

明治41年10月~44年2月

84,000円+税

978-4-8350-3081-4

第5回

第13巻

~第15巻

明治44年3月~45年12月

84,000円+税

978-4-8350-3085-2

 別冊

【第2期】

収録巻数

原本収録年次

本体価格

ISBN

第6回

第16巻

~第17巻

大正2年1月~3年6月

84,000円+税

978-4-8350-5132-1

第7回

第18巻

~第21巻

大正3年7月

~5年2月15日

84,000円+税

978-4-8350-5136-9

第8回

第22巻

~第24巻

大正5年2月16日~12月

75,000円+税

978-4-8350-5140-6

【第3期】

収録巻数

原本収録年次

本体価格

ISBN

第9回

第25巻

~第27巻

大正6年1月~6年12月

75,000円+税

978-4-8350-5145-1

第10回

第28巻

~第30巻

大正7年1月~8年6月

84,000円+税

978-4-8350-5149-9

第11回

第31巻

~第33巻

大正8年7月~12月

84,000円+税

978-4-8350-5153-6

別冊

【補巻】

収録

本体価格

ISBN

全1巻

明治35年~大正5年

28,000円+税

978-4-8350-5144-4

 

 

  カタログダウンロード