不二出版

書籍紹介

現代新聞批判 〔昭和8年~昭和18年刊〕 全7巻・別冊1 〔復刻版〕

本紙は『大阪朝日新聞』出身のジャーナリスト・太田梶太が、十五年戦争のさなか、
一九三三年に創刊したメディア批判のメディアである。
その既成ジャーナリズム批判は痛烈で、
軍部や言論統制に迎合する新聞のあり方を糾弾し、
同時に新聞人への殺傷事件や舌禍事件などを見逃さない。
ファシズムが荒れ狂う時代にジャーナリスト主体の確立と勇気ある連帯を訴えて、
関西で体制に抵抗した数少ないジャーナリズムのひとつとして、貴重な資料である。

 

推薦:荒瀬豊(日本女子大学教授)

家永三郎(東京教育大学名誉教授)

尾崎秀樹(文芸評論家)

久野収(評論家)

 

太田梶太 主宰〔昭和8年~昭和18年刊〕
別冊:解説(門奈直樹)・総目次・索引
*全巻購入者には無料
*これのみ分売可(ISBN:978-4-8350-0437-2 本体価格 3000円+税)
A4判・上製・総2,676頁
揃定価140,000円+税
’95年6月~9月配本完結〔復刻版〕

 

ISBN一覧
配本回数 ISBN 本体価格
第1回配本(第1巻~第3巻) 978-4-8350-0428-0 ¥60,000+税
第2回配本(第4巻~第7巻・別冊1) 978-4-8350-0432-7 ¥80,000+税

  カタログダウンロード