不二出版

書籍紹介

良民 〔明治44年~大正8年刊〕 全9巻・別冊1 〔復刻版〕

雑誌『良民』は、編集を山本瀧之助、挿絵を竹久夢二、
そして出版元を河本亀之助の三人によって、明治四四年二月創刊された。
「地方青年」であった三人は、「大正デモクラシー」の生成期の時代相をとらえ、
今日においてもなお、近代日本の青年・壮年層の形成過程を知る
貴重な資料を提供している。
『山本瀧之助日記』(全四巻)の編者の解説を付し、
広島県沼隈郡の山本家に残る唯一の原本をもとに、本書は復刻された。
教育史、とくに近代社会教育史の資料である。

 

■推薦:大濱徹也(筑波大学教授)

小川利夫(名古屋大学名誉教授)

金原左門(中央大学教授)

 

山本瀧之助 編〔明治44年~大正8年刊〕
良 民 全9巻・別冊1
別冊:解説(多仁照廣)・総目次
*全巻購入者には無料
*これのみ分売可(ISBN:978-4-8350-1176-9 本体価格1000円+税)
A5判・上製・総4,356頁
揃定価150,000円+税

ISBN978-4-8350-1166-0
’98年10月刊〔復刻版〕

  カタログダウンロード