不二出版

書籍紹介

金融雑誌の展開

戦前の銀行業界誌である金融雑誌『銀行通信録』(東京)、『中央銀行会通信録』(名古屋)、『大阪銀行通信録』は、近代日本経済、金融の史的研究に不可欠の第一級資料である。これらの復刻、解題に永年携わってきた著者による、金融雑誌研究の集大成。『大阪銀行通信録』の復刻解題に係わる論稿を中心に、『銀行通信録』解題、銀行業界誌を統合した『全国金融統制会報』の解題を収録。『大阪銀行通信録』の編集、刊行の成り立ちを解明し、わが国の金融雑誌の歩みを探る。

 

岡田和喜 著

推薦=石井寛治(東京大学名誉教授)

   

体裁=A5判・上製・247頁

定価=4,800円+税

ISBN978-4-8350-7079-7

2011年12月刊行

  カタログダウンロード