不二出版

書籍紹介

青少年の逸脱をめぐる教育史ー「処罰」と「教育」の関係

青少年への働きかけが備えていた実質を、
一九二二年少年法の成立過程から、
一九二〇~三〇年代設立の校外教護、補導機関の取り組み、
総力戦体制下の勤労青少年輔導政策の展開を通して考察する。

 

鳥居和代(武蔵野美術大学・お茶の水女子大学非常勤講師)著
A5判・上製・288頁・定価5,800円+税/06年11月刊

ISBN978-4-8350-5587-9

 

  カタログダウンロード