不二出版

書籍紹介

綜合文化 1947年7月~1949年1月 全3巻・別冊1 【復刻版】

本誌は、『近代文学』や『新日本文学』と並ぶ、
いわゆる「戦後文学」の起点の一つであり、
敗戦後に解放された文学・思想空間における世代間の交流と論争の場であり、
絵画も含めた前衛芸術運動の拠点でもあった。

戦時下の花田清輝と中野秀人らのと
加藤周一・福永武彦らののグループとの合流によって
はじめられ、花田がブレーンとなり、関根弘らが編集にあたり、
『近代文学』派の作家や安部公房など若き戦後派の旗手たちが参加して、
野心的な誌面を作った。

 
推薦=池田浩士(京都精華大学客員教授)

     高良留美子(詩人)

     鶴見俊輔(哲学者)

     成田龍一(日本女子大学人間社会学部教授)

 

■復刻版概要■
○収録=第1巻第1号(1947年7月)~第3巻第1号(1949年1月)
○A5判・上製 総1,318頁
○別冊=解説 鳥羽耕史(徳島大学総合科学部准教授)・総目次・索引
*別冊のみ分売可=1,000円+税  ISBN978-4-8350-5164-2
○本体揃価格48,000円+税 ISBN978-4-8350-5160-4
○2008年11月刊

 

○主要執筆者

 

青木光二 竹田敏行
赤松俊子(丸木俊) 田中英光
安部公房 田村隆一
荒 正人 長 光太
井出則雄 鶴見俊輔
伊藤 整 永井 潔
今村太平 中田耕治
岩上順一 中野秀人
上野省策 中野泰雄
内田 巌 中村真一郎
大井広介 野間 宏
大西巨人 服部之総
岡本 潤 花田清輝
岡本太郎 埴谷雄高
小田仁二郎 原條あき子
小田切秀雄 日高六郎
小野十三郎 平田次三郎
加藤周一 平野 謙
上林澄雄 福田恒存
木原 実 福永武彦
窪田啓作 富士正晴
斎藤信治 藤島宇内
佐々木基一 星野芳郎
椎名麟三 馬淵量司
島尾敏雄 三浦つとむ
白井健三郎 水野明善
杉浦明平 南 博
関根 弘 宮本 治(いいだもも)
高橋錦吉 矢内原伊作
田木 繁 柳田 泉
竹内 好 柳田国男

  カタログダウンロード