不二出版

書籍紹介

青年文 〔明治28年~明治30年刊〕 全4巻・別冊1 【復刻版】

のちに反骨の文芸評論家として知られる田岡嶺雲(1870~1912)が
友人の山県五十雄とともに責任編集した文芸投稿雑誌。

発行所は五十雄の兄・山県悌三郎が経営する少年園。
大学を卒業したばかりの嶺雲が、佐々醒雪・笹川臨風らと果敢な文芸批評を展開し、
投書欄では若き日の徳田秋声も激しい社会批評を展開している。
投稿雑誌の域を越えた文芸批評誌として近代文学・近代史研究に必須の文献である。

 

推薦=槙林滉二(尾道大学芸術文化学部教授)

平出隆(詩人・多摩美術大学美術学部教授)

 

田岡嶺雲・山県五十雄 主筆
少年園 発行 〔明治28年~明治30年刊〕
B5判・上製・総1412頁
本体揃価格60,000円+税
別冊=解説(西田勝)・総目次・索引
*別冊のみ分売可(本体価格1,000円+税 ISBN978-4-8350-4150-6 )
ISBN978-4-8350-4145-2
’03年12月刊〔復刻版〕

  カタログダウンロード