不二出版

書籍紹介

社会文学 (日本社会文学会発行)

 

日本社会文学会ホームページ

各号の総目次はこちら

 

本誌は、幅広い視野に立ちながら、

日本における社会文学の調査と研究を推進し、

研究会、講演会等の開催、資料の収集、調査を行い

社会と文学の関係を模索することを目的に

1985年5月に誕生した日本社会文学会の機関誌。
年2回(2000年までは年1回)刊行。

 

 

特集 価格 頁数
創刊号 民権と文学 1,500円+税 168頁
第2号 女性解放と文学 1,500円+税 182頁
第3号 天皇制と文学 1,500円+税 164頁
第4号 核と文学 1,500円+税 183頁
第5号 言論の自由と文学 1,800円+税 218頁
第6号 環境と文学 1,800円+税 160頁
第7号 近代文学研究のパラダイム 1,800円+税 206頁
第8号 関東大震災と文学 1,800円+税 156頁
第9号 戦争と文学 1,800円+税 196頁
第10号 文学における社会性 1,800円+税 120頁
第11号 ジェンダーの探求 1,800円+税 172頁
第12号 第二次世界大戦と文学者 1,800円+税 182頁
第13号 ポストコロニアリズムへの視点 1,800円+税 156頁
第14号 中野重治 1,800円+税 198頁
第15号 <女>という行為主体 1,800円+税 160頁
第16号 読むことの倫理 1,800円+税 198頁
第17号 海峡 1,800円+税 212頁
第18号 文学へどう向き合うか 1,800円+税 176頁
第19号 幻想としての<地方> 1,800円+税 196頁
第20号 二つの「帝国」の狭間で 1,800円+税 196頁
第21号 帝国の周縁【品切】 1,800円+税 206頁
第22号 現代文化の臨界点 1,600円+税 144頁
第23号 記憶と文学―歴史と未来をつなぐもの 1,800円+税 186頁
第24号 1,800円+税 196頁
第25号 <働くこと>と<戦争すること> 1,800円+税 180頁
第26号 「在日」文学【品切】 1,800円+税 252頁
第27号 アジアの女性表現 1,800円+税 192頁
第28号 文学の<今>を問う 1,800円+税 168頁
第29号 環「日本海」文学の可能性 1,800円+税 180頁
第30号 女性文学は、いま 1,800円+税 198頁
第31号 テクストの中の戦争 1,800円+税 171頁
第32号 日露戦争と文学 1,800円+税 193頁
第33号 1950年代の文学の可能性を探る 1,800円+税 219頁
第34号 詩的言語の可能性 1,800円+税 184頁
第35号 『種蒔く人』と秋田/『青鞜』創刊100年 1,800円+税 168頁
第36号 一九六〇年代文化・文学の再検討/    〈3・11〉以後の社会と文学 1,800円+税 176頁
第37号 転向点・1933 ―文学・歴史・社会の観点から 1,800円+税 210頁
第38号 大量死に立ち向かう 1,800円+税 150頁
第39号 関東大震災90年とアナキズム文学 1,800円+税 216頁
第40号 特集 沖縄 1,800円+税 162頁
第41号 特集 グローバルアジアと社会文学 1,800円+税 192頁
第42号 特集 歴史の岐路 1,800円+税 212頁
第43号 特集 貧困×ジェンダー×戦争 1,800円+税 166頁
第44号 特集 震災後の文学は可能か 1,800円+税 174頁
第45号 特集 日本とアメリカ 1,800円+税 166頁
第46号 特集 「労働文学」成立百年 1,800円+税 166頁
第47号 特集 戦後の詩と文化運動を問い直す 1,800円+税 128頁
第48号 特集 井上ひさし 1,800円+税 162頁