不二出版

書籍紹介

買売春問題資料集成 〈戦前編〉第1期 全13巻 〔復刻版〕

明治以降敗戦まで、近代日本における最も大きい人権問題のひとつである
戦前の買売春問題は、封建的人身売買から始まって海外売春婦問題
そして「従軍慰安婦」問題に連なり、現在の買売春問題の原点といえる。

本書は、買売春問題を歴史的に考察・解決するための主要文献を、
廃娼運動の側面からのみならず、存娼運動の視点をも加味し、
重要な統計・規則やルポルタージュ
研究書をも総合的に収集した一大資料集成である。
主要文献二六三点を収録。
■推薦:江原由美子・小倉襄二・高橋喜久江・竹村民郎・もろさわようこ
付録:解説(ゆのまえ知子+秋定嘉和)・書名・執筆者名索引
A4判・上製・総5,168頁
揃定価325,000円+税

 

第1回配本(第1巻~第3巻) ― ISBN978-4-8350-3909-1(75,000円+税)

第2回配本(第4巻~第6巻) ― ISBN978-4-8350-3913-8 (75,000円+税)

第3回配本(第7巻~第9巻) ― ISBN978-4-8350-3917-6(75,000円+税)

第4回配本(第10巻~第13巻) ― ISBN978-4-8350-3921-3(100,000円+税)

’97年4月~’98年4月配本完結〔復刻版〕