不二出版

書籍紹介

「日本近代文学における上海」研究文献目録 一八四〇年――一九四五年

本書は阿片戦争が始まった1840年から日中戦争が終結した1945年までの間に日本人によって発表された上海を舞台とする小説、脚本、紀行、随筆、回想、従軍記、ルポルタージュ、詩及び上海に関する人文・社会関係の資料を年表形式で網羅したものである。

当時の社会情勢や文芸事象も付された本書は、単なる文献目録としてだけではなく、日本と上海との関係を通覧することができる一冊である。

 

◆編著  趙 夢雲

 

◆体裁  A5判・260頁・上製本・クロス装・函入

◆定価  本体5,800円+税

◆ISBN     978-4-8350-7619-5   C3090

◆刊行  2014年2月刊行

 

  カタログダウンロード