不二出版

書籍紹介

『学生評論・季刊大学・大学』 全10巻・別冊1

☆待望の第1回配本、ついに刊行!☆

 

戦争による荒廃と不況のなか、大学の自由を求めて苦闘した学生たちの知的状況を伝える、戦後学生運動史研究における重要資料、ついに復刻! 不二出版はすでに、『学生評論』後継誌にあたる『学園評論』(1952年7月~56年11月)全9巻を、『わだつみに誓う 京大天皇事件の記録』(1951年)、『水爆よりも平和を』(1954年)等、学園評論社から刊行された冊子とともに刊行した。今回、復刻することとなった『学生評論』は『学園評論』の前史として、終戦直後の1946年から51年までを網羅。日本国憲法公布、全学連結成に反イールズ闘争と激変する社会状況を学生の視点からとらえる貴重資料である。

羽仁五郎、日高六郎、丸山真男、大内兵衛、大塚久雄ら、当時第一線で活躍していた大学人、知識人が積極的に参加した『季刊大学』『大学』も併せて復刻。さらに編者・中西直樹による解説(第2回配本に附す)によって、『学園評論』総目次・索引等も再録、戦後の学生雑誌の歩みを概観することができる。戦後の学生運動史研究を進めるための基礎資料として、戦後文化史、社会史、メディア論、教育史における研究者の必見の資料集といえるだろう。

 

編集・解説:中西直樹(龍谷大学教授)

推   薦:西山 伸(京都大学教授)

体   裁:A5・B5判/上製/総4,032頁

揃 定 価:222,200円(本体202,000円+税)

 

第1回配本・全3巻(『学生評論』第1~3巻)

収録内容:『学生評論』再刊1号~11号、1946年10月~49年1月(学生書房〔学生評論社〕)/本体57,000円+税/2020年2月刊行

ISBN978-4-8350-8341-4

 

第2回配本・全3巻+別冊1(『学生評論』第4~6巻)

収録内容:『学生評論』再刊18号~27号、1949年6月~51年5月(学生評論社)ほか/本体57,000円+税/2020年6刊行予定

ISBN978-4-8350-8345-2

 

第3回配本・全4巻(『季刊大学』第1・2巻、『大学』第1・2巻)

収録内容:『季刊大学』1~6号、1947年4月~48年9月(帝国大学新聞社出版部〔東京大学新聞社出版部〕)/『大学』1巻1号~2巻9号、1947年5月~48年9月(大学文化社〔竹井出版〕)/本体88,000円+税/2020年9月刊行予定

ISBN978-4-8350-8349-0

 

◎ 別冊『戦後学生雑誌と学生運動』(解説・総目次・索引)A5判並製/約290頁/本体2,500円+税

ISBN978-4-8350-8354-4

 

 

 

  カタログダウンロード