不二出版

書籍紹介

新女性 1950(昭和25)年10月~1956(昭和31)年5月 全16巻+別冊1 【復刻版】

創刊当初から平和擁護や講和、松川事件や三鷹事件などに関する記事をとりあげ、
当時の社会情勢を色濃く反映した誌面をつくりだしている本誌であるが、
当時編集部が「本誌の誇り」として掲げていたのは
「真実の記」という読者からの投稿欄であった。
性差別や人権弾圧事件、生活に根差す問題、職場問題など、
当時の女性たちの生の姿が浮き彫りにされている。
全国各地に存在したサークル誌との交流もみられ、
めまぐるしく変化する時代状況の中でもがきながらも社会と対話する
人々の記録がここにある。
推薦=犬丸義一(元長崎総合科学大学教授)

坪井秀人(名古屋大学大学院文学研究科教授)

橋本宏子(元熊本学園大学教授・女性福祉研究科)

藤目ゆき(大阪大学人間科学研究科准教授)
新女性社刊
1950(昭和25)年10月~1956(昭和31)年5月
第1号~第64号
〔概要〕
体裁=A5判/上製/総9,496頁
別冊=解題 伊藤康子 (元中京女子大学短期大学部教授)

総目次・索引+DVD-ROM(全号表紙画像、総目次・索引pdfデータを収録)
*別冊のみ分売可=2,000円+税 ISBN978-4-8350-6605-9
【刊行概要】
■第1回配本 第1巻~第4巻+別冊■
94,000円+税 ISBN978-4-8350-6600-4
2010年6月刊

■第2回配本 第5巻~第8巻■
92,000円+税 ISBN978-4-8350-6606-6
2010年12月刊

■第3回配本 第9巻~第12巻■
92,000円+税 ISBN978-4-8350-6611-0
2011年6月刊

■第4回配本 第13巻~第16巻

92,000円+税 ISBN978-4-8350-6616-5
2011年12月刊

 

  カタログダウンロード