不二出版

書籍紹介

沖縄と色川大吉

9月7日刊行!

 

――沖縄の歴史の底辺に埋もれた民衆思想の鉱脈(エッセンス)を、
真の自立への〈未発の契機〉として編み直す。

 

筑豊の上野英信・水俣の石牟礼道子、沖縄との温かな友情、久高島・御嶽などでの詩情豊かな琉球文化への発想、今後の沖縄の在り方(アイデンティティ)への刺激的な問題提起――。

民衆史の提唱者・色川大吉が沖縄の民衆精神の鉱脈を掘り起こし、考究し続けてきた多年に及ぶ沖縄論を、『西表炭坑概史』などで琉球の歴史・文化を取材し続ける三木健が一冊にまとめ、色川による増補改訂を施し新たに世に送り出す。さらに沖縄の気鋭な論者たち10人による色川大吉についての論考を併録する。

 

 

2021年9月12日「琉球新報」書評欄にて紹介!

<書評>『沖縄と色川大吉』 民衆思想史を切り拓く

 

 

◆2021年9月7日刊行

著=色川大吉
編=三木健

 

A5判・並製・344頁
ISBN 978-4-8350-8474-9
定価 2,530円(本体価格2,300円+税10%)