不二出版

書籍紹介

満州を駆ける (東亜同文書院 中国調査旅行記録 第5巻)

1901年、日中間の貿易実務を担う人材を養成することを目的として、

当時の国際都市・上海に誕生した東亜同文書院。

書院生は、中国本土や満洲、東南アジアの各地を巡る

「大旅行」と呼ばれる調査旅行を行い、詳細な報告書や旅行日記などを記すことにより、

膨大な地域情報(中国の商慣習、経済関係、教育、歴史、文化、民俗など)を

半世紀にわたって蓄積し続けた。

本巻では1920年代末から1930年代前半の満洲、

とりわけ満洲事変の直後の2年間に書かれた記録に焦点を当て、

調査旅行日誌を始め調査旅行報告書「北満農業調査」や

満洲・県別調査旅行報告の記録、解題を収録する。

 

藤田佳久 編著
A5判・上製・函入・総608頁
8,000円+税
ISBN978-4-8350-6838-1

2011年2月刊

 

※第1巻~第4巻は大明堂から刊行されましたが、現在は弊社で取り扱っております。

第1巻「中国との出会い」2,718円+税
第2巻「中国を歩く」7,500円+税
第3巻「中国を越えて」6,000円+税【品切】
第4巻「中国を記録する」6,200円+税【品切】

 

  カタログダウンロード