不二出版

書籍紹介

琉大文学【復刻版】 全5巻・付録1・別冊1

『琉大文学』は、琉球大学の学生を中心とする「琉大文藝クラブ」(第4号より琉球大学文芸部)が1953年7月に創刊した文芸雑誌である。幾度にわたる休刊・停刊を挟み、第34号(1978年12月)まで刊行された。

1952年4月28日、日本の「独立」以降も沖縄は米国の占領下に置かれ続けた。決定づけられて生きる、その条件に否〈ノン〉を突き付け、自らを生きようとした学生たち。〝いま〟を超えるために、状況に参与する文学表現のあり方を追求した。沖縄の「戦後」に生まれたこの契機から現在を照射する!

 

◎解 説  我部聖(沖縄大学法経学部講師)

◎推 薦  小森陽一(東京大学大学院総合文化研究科教授)/新城郁夫(琉球大学法文学部教授)/仲程昌徳(琉球大学元教員)/目取真俊(小説家)

 

◆発 行  琉球大学文芸部(琉大文藝クラブ) 1953年~1978年

◆体 裁  A5判・上製・総2,556頁

◆付 録  『前衛地帯』創刊号(1955年12月)/『沖縄文学』創刊号(1956年6月)・第1巻第2号(1957年11月)/『サチュリコン』第1巻第2号(1957年7月)〔未定 創刊号・第1巻第3号〕

◆別 冊  解説・総目次・索引(分売価格1,000円+税) ISBN978-4-8350-7630-0

◆揃定価  本体 96,000円+税

 

 

第1回配本 第1巻~第3巻 48,000円+税 2014年4月刊行
ISBN978-4-8350-7621-8
第2回配本 第4巻・第5巻 48,000円+税 2014年8月刊行
付録1・別冊1 ISBN978-4-8350-7625-6

 

 

 

 

 

 

  カタログダウンロード