不二出版

書籍紹介

『占領期報徳運動資料集成』 全3回配本・全10巻

『占領期報徳運動資料集成』全3回配本・全10巻(解説・総目次・索引付)

 

……敗戦後の日本で、

報徳運動はどうよみがえったのか……

【2021年6月刊行!】

戦中期の活動が批判された報徳運動、その敗戦直後から占領期終了時までの、復活の軌跡をあとづける基礎資料、雑誌『報徳』『民主報徳』『報徳青年』をまとめて復刻する意欲的な試み!

戦後における報徳思想を理解するための基礎資料にもかかわらず、これまで閲覧困難であったこれらの雑誌を、このたび大日本報徳社、報徳博物館のご協力を得てついに刊行。解説は見城悌治(千葉大学)、須田将司(東洋大学)、各誌総目次・索引附です。

『民主報徳』(1948年4月-1952年12月、報徳同志会)、『報徳青年』(1947年5月-1954年1月、報徳青年運動本部・天地社)、『報徳』(1945年11・12月-1952年12月、大日本報徳社)は、国策と歩調を合わせた戦前期の活動を乗り越えて、戦後社会における報徳思想の意義、その「仕法」の可能性を模索し続けました。混迷を極めた戦後社会において、思想、文化、教育、地域社会、経済など各分野に広範な影響を及ぼした報徳運動。戦前と戦後における「連続」と「断絶」に関心を寄せる方々に、ぜひ手にとっていただきたい資料群です。

小社既刊『教化運動』全6巻、『斯民』全38巻・別冊1と併せて、ご活用下さい。

 

 

 

編集・解説:

見城悌治(千葉大学教授)・須田将司(東洋大学教授)

 

刊行のことば:

「——遠きを測らんとする尊徳の眼差し——」

鷲山恭彦(大日本報徳社社長・東京学芸大学名誉教授)

 

協 力:

公益社団法人 大日本報徳社/

公益財団法人 報徳福運社 報徳博物館

 

推 薦:

「 報徳思想は『新生日本』で何ができたのか」

落合功(青山学院大学教授)

「占領期の幅広い領域の研究を大きく進める貴重な基本資料」

奈良岡聰智(京都大学教授)

 

体 裁:

A4・A5判/上製/布クロス装/総約4400頁/

解説・総目次・索引附

揃定価:222,200円(本体202,000円+税10%)

 

 

第1回配本・全3巻(第1-3巻)

定価68,200円(本体62,000円+税10%)/2021年6月刊行

ISBN 978-4-8350-8405-3

 

第2回配本・全3巻(第4-6巻)

定価66,000円(本体60,000円+税10%)/2021年11月刊行予定

ISBN978-4-8350-8409-1

 

第3回配本・全4巻(第7-10巻)

定価88,000円(本体80,000円+税10%)/2022年1月刊行予定

ISBN978-4-8350-8413-8

 

 

  カタログダウンロード