不二出版

お知らせ

2020/08/03
『戦前期愛育会関係資料集成』第2回配本、刊行のお知らせ

☆第2回配本、ついに刊行!☆

三田谷啓、倉橋惣三、青木誠四郎ら、保育、医療衛生、社会事業など各界の第一人者が協力して、国策としての全国的な母子保護運動を展開、その“台風の目”ともいうべき愛育会の活動を明らかにする重要資料群、待望の復刻です。戦時下における母性・児童保護の理想と実情とが、機関誌『愛育』『愛育新聞』はじめ散逸はなはだしい貴重なパンフレット、冊子から生々しく伝わります。
第2回配本(第10・11巻)では、第1回配本(第8・9巻)に続き、愛育会における調査報告、事業運営報告、また『こども愛育展覧会記念帖』『戦没者遺族保育所保母養成講習会記念帖』など、展覧会・講習会で頒布された冊子、さらに全国で展開された愛育村事業の普及のために発行された「愛育村の栞」「分会の栞」までをはば広く収録。これまで知られることのなかった、愛育会と日本の母子保護運動の展開を生々しく伝える貴重資料です。
幼児教育をはじめ、児童保護、公衆衛生など、さまざまな分野が交錯する『戦前期愛育会関係資料集成』を、この機会にぜひお取り揃え下さい。

 

『戦前期愛育会関係資料集成』全4回配本・全11巻(幼児教育資料アーカイブ2)