不二出版

お知らせ

2022/03/14
「社会文学」新刊・第55号、発売いたします!

弊社で販売取扱しております「社会文学」の最新号・第55号が刊行されました!

 

「社会文学」第55号

〈目次(抄録)〉

〈特集・文学から読み解く感染症――身体・分断・統治〉

 

●特集論文

感染症に幼子を奪われる話 ――文学者たちの一九〇九年  島村 輝

〈癩文学〉の大衆化と科学 ――北條民雄神話の形成から小川正子『小島の春』へ  清松 大

啄木作品から結核を読み解く ――男性の悲劇物語と運命の神から科学の重みへの変化――  池田 功

「谷間」を襲う感染症 ――文学が描いた医療崩壊と安楽死――  荒井 裕樹

指先から放たれる〈火〉 ――小林エリカ「脱皮」における死政治の行方  堀井 一摩

洩れてくる言葉たち ――コロナ禍の限界文学  猪瀬 浩平

 

●展望

地域で文学的価値を見失わないために  岡村 知子

 

●自由論文

『太陽のない街』の脚色・翻案 ――プロレタリア文化運動におけるアダプテーションについての一考察――  村田 裕和

ドイツにおける『太陽のない街』の翻訳と受容 ――断片掲載された「日本の『ジュルミナール』」―― 和田 崇

占領の〈裏座敷〉 ――大城立裕「カクテル・パーティー」論  佐久本 佳奈

 

以下、書評・新刊紹介・編集後記

 

ご注文をお待ちしております。

不二出版・営業部