不二出版

お知らせ

2020/08/01
『ゾルゲ事件史料集成 太田耐造関係文書』第4回配本のお知らせ

太田耐造関係文書を、編者・加藤哲郎があらためて集成した、『ゾルゲ事件史料集成』全10巻の第4回配本(9-10巻)、7月末日刊行です。日本のインテリジェンス研究、近現代史研究にとっても重要な史料群として、ついに完結しました。
第4回配本は、「ゾルゲ事件周辺史料」として、コンミンテルン、中国共産党に関する極秘文書、また戦後史料である「G項該当者調査抜粋」「G項該当者審査下調の要領」など、公職追放に関する史料類も充実。ゾルゲ事件はもとより、司法省による戦時期から終戦直後にかけての裏面史を明らかにするため、必見の史料群です。完結を期に、ぜひ全巻セットでご購入下さい!

 

ゾルゲ事件史料集成――太田耐造関係文書 全4回配本・全10巻