不二出版

書籍紹介

日本帝国主義下の植民地労働史

1966年~2006年に発表された論文の中から
日本帝国主義と植民地労働史に関する6編を収載。

 

松村高夫(慶應義塾大学名誉教授) 著
解説 杉原達(大阪大学大学院文学研究科教授)

 
<目次>
第1章 植民地労働史の分析視角
第2章 日本への朝鮮人・中国人の労働移動と就業構造
第3章 「満州国」における日本人・朝鮮人・中国人の移民・労働政策
第4章 満州の撫順炭鉱における労働実態
第5章 満州における共産党と満鉄調査部事件
第6章 日本軍の七三一細菌戦部隊

 
A5判・上製・384頁  定価5,800円+税
ISBN978-4-8350-5756-9

’07年5月刊

 

  カタログダウンロード