不二出版

書籍紹介

文学案内 〔昭和10年7月~昭和12年4月刊〕 全10巻・別冊1・附録1 【復刻版】

本誌は、大衆小説作家であり、プロレタリア文化運動の中心人物の一人として知られる
貴司山治が主宰し、昭和10年10月に創刊された。
文学好きの勤労大衆に創作の見本を示し、「生産・勤労の場面を描いた小説」を募集
掲載し、労働者の中から作家を養成することを目的とし、アジアの文学作品の紹介、
全世界の労働者文学の実現を報告するなど、労働運動史・プロレタリア文学史・
旧植民地文学史の研究者にとって貴重な資料である。全22号を復刻。

 
推薦:伊藤共治(フリーライター・貴司山治長男)

浦田義和(日本社会文学会代表・佐賀大学教授)

黒古一夫(筑波大学大学院教授)

紅野敏郎(早稲田大学名誉教授)

 
貴司山治主宰〔昭和10年7月~昭和12年4月刊〕
菊判・上製・総3,452頁
■別冊:解説 浦西和彦(関西大学文学部教授)・総目次・索引
*全巻購入者には無料
*これのみ分売可(ISBN:978-4-8350-5502-2 本体価格1000円+税)

■附録=①世界最小短編傑作集「小さい花束」
②ハイネ、バルザック肖像写真
③「文学新聞」2号及び8号
本体揃価格 140,000円+税

 
2005年6月~10月配本完結〔復刻版〕

配本回数

ISBN

本体価格

第1回配本(第1巻~第5巻・附録1・別冊1)

978-4-8350-5496-4

¥70,000+税

第2回配本(第6巻~第10巻)

978-4-8350-5503-9

¥70,000+税

 

 

  カタログダウンロード