不二出版

学術を伝えること。歴史を伝えること。不二出版は学術図書と復刻物出版をメインにした出版社です。明治期以降の歴史的資料、新聞、経済史、植民地史、女性史、アジア史、建築史等資料を復刻しております。

お客様へのご案内

弊社商品は少部数生産のため、ネット書店等では、「品切」、「在庫なし」、「取扱不可」と表示されることがございますが、当HPに掲載されている商品はすべて在庫がございます。

直接書店にご注文いただくか、弊社までご連絡ください。 >>続きを読む

復刻版「愛生」戦前編』 全4回配本・全15巻・別冊1(総目次・索引付)

『復刻版「愛生」戦前編』全4回配本・全15巻・別冊1(総目次・索引付)

 

……はじめての

国のハンセン病療養所 長島愛生園で、

草創期から発刊されてきた機関誌『愛生』、

その戦前期の全号をついに復刻!……

 

【2021年7月刊行!】

 

1930年11月20日、日本ではじめてのハンセン病国立療養所として、岡山県に解説された長島愛生園。その創立からわずか半年後、翌年10月に早くも発刊された機関誌『愛生』は、戦前・戦時下、そして戦後から現在に至るまで、入所者はもとよりそこに勤務する医官、職員、来訪者や外部の読者が交わる愛生園の「窓」として、永くその役割を果たしてきた。

そこは明石海人、志樹逸馬はじめ入所児童に至るまで、彼らのほとばしる情熱を伝える短歌、俳句、詩、歌謡、小説の発表の場であり、また療養所で起こるさまざまな出来事が記録された貴重な雑誌である。また『小島の春』によって一躍時の人となった小川正子の作品、その映画化にあたっての特集、追悼記事、さらには若き日の神谷美恵子(筆名・鳥羽光子)による詩も収録されており、療養所と当時の日本社会との結節点のありようを示す類例のない資料といえるだろう。

このたび不二出版は、長島愛生園の協力を得て『愛生』創刊号から戦争で休刊となった第14巻第7号(1944年7月)までの全巻、それに「附録」として刊行された『青年愛生』第1号から第4号までを復刻、刊行することとなった。この『復刻版「愛生」戦前編』が、ハンセン病療養施設における「療養」の営み、その実像に近づくための基礎資料となることを願っている。

>>続きを読む

  カタログダウンロード

『占領期報徳運動資料集成』 全3回配本・全10巻

『占領期報徳運動資料集成』全3回配本・全10巻(解説・総目次・索引付)

 

……敗戦後の日本で、

報徳運動はどうよみがえったのか……

【2021年6月刊行!】

戦中期の活動が批判された報徳運動、その敗戦直後から占領期終了時までの、復活の軌跡をあとづける基礎資料、雑誌『報徳』『民主報徳』『報徳青年』をまとめて復刻する意欲的な試み!

戦後における報徳思想を理解するための基礎資料にもかかわらず、これまで閲覧困難であったこれらの雑誌を、このたび大日本報徳社、報徳博物館のご協力を得てついに刊行。解説は見城悌治(千葉大学)、須田将司(東洋大学)、各誌総目次・索引附です。

>>続きを読む

  カタログダウンロード

黒死病――加藤秀造小説集

ペスト菌の蔓延で都市封鎖!「北満」で731部隊が行った細菌戦予行演習の実態を描き出す戦後文学の忘れられた遺産!

本小説集は表題の中篇小説のほか、敗戦後、対ソ軍事要塞の建設後に多数の中国人労務者をジェノサイドした将校がソ連へ連行される途中、戦犯追及を恐れて逃亡、河へ転落する「凍った河」、〈シベリア出兵〉時、多くのロシア人を殺害した事実に触れた「シベリアから還った息子」を収録する。いずれも作家の「満洲」と「シベリア抑留」体験から生み出された秀作である!

>>続きを読む

『幼小接続資料集成』幼児教育資料アーカイブ3 全3回配本・全7巻・別冊1

☆幼児教育から小学校教育へ…… 

幼小接続に関するはじめての包括的資料集!☆

 

第1回配本、4月5日刊行‼

 

幼児教育から小学校への子どもの成長に合わせた、なめらかな教育の「接続」とは?

戦後から2010 年代にいたるまで、さまざまに試みられた幼児教育と小学校教育との連携と実践の記録を、「幼小接続」という視点から本格的に集成するはじめての試みです。

 

>>続きを読む

  カタログダウンロード

『藤井忠俊著作集』全2巻

『国防婦人会』『兵たちの戦争』『在郷軍人会』を世に問い、現代史の会を主宰、松本清張らとともにアカデミズムによらず民衆史の立場から、新しい現代史研究を構築した藤井忠俊 (ふじい・ただとし 1931―2018)。

まぼろしの季刊誌として長らく渇望されてきた『季刊現代史』所収の論考のすべて、そして同誌最終号を復刻、収録(第1巻)。

さらに膨大な史料と格闘した国防婦人会、在郷軍人会関連の論考、また松本清張について深い洞察、公衆衛生に関してなど八面六臂の活躍をみせた藤井の手になる著述を集成。

藤井忠俊研究会による「藤井忠俊の現代史研究の軌跡」、ほか『季刊現代史』総目次、『健康管理』特集記事一覧、著作目録、年譜等を収録。全2巻を一挙刊行です!

>>続きを読む

  カタログダウンロード

十五年戦争極秘資料集 補巻51 海軍兵学校第三七期クラス会誌『海軍生活の思い出』 全1冊

 

昭和31年刊行の海軍兵学校第37期クラス会制作による文集『海軍生活の思い出』を復刻。

 

井上成美、大川内伝七、小沢治三郎、草鹿任一らを輩出した第37期は、入手できる同種の文集として最古期であり、海軍の実情を知るために大変貴重な資料である。

>>続きを読む

  カタログダウンロード

『戦争孤児関係資料集成 第Ⅰ期 愛児の家史料』全2回配本・全5巻

☆戦争孤児の現実が浮き彫りに!☆

 

空襲、引揚げ、家族の病没によって戦後の苛烈な環境に投げ出され、必死で生きてきた子どもたち。「駅の子」と呼ばれ、路上生活をよぎなくされた彼ら、また貧困のなかで家庭から引き離された彼らの実像は、当事者たちの証言以外に、その裏付けとなる史料はほとんど現存していなかった。戦後75年を経たいま、そうした状況を打破すべく、不二出版では東京都中野区で活動を続けてきた児童養護施設、愛児の家に大切に保管されてきた貴重な児童記録、感想文、書簡類を、一挙に復刻することとなった。組織や団体の後ろ盾なく、「ママ」とよばれた石綿貞代(さたよ、1897-1989)が私財を投じて子どもたちを救った貴重な足跡は、これまで光を当てられてこなかった「戦争孤児」の現実を浮き彫りにすることだろう。本史料からは、収容に至る経緯、子どもたちの家庭環境、生活の様子をうかがうことができる。それらは戦争孤児の実像を伝えると同時に、あらためて戦争がもたらすものの意味を問い、さらには現代の児童福祉実践に多くの示唆を与えるものである。

>>続きを読む

  カタログダウンロード

赤光 全3巻・別冊1 《戦後学生運動・学園闘争叢書1》

60~70年代学生闘争の「パトス」を伝える、ML派幻の機関紙を復刻!

>>続きを読む

  カタログダウンロード