不二出版

学術を伝えること。歴史を伝えること。不二出版は学術図書と復刻物出版をメインにした出版社です。明治期以降の歴史的資料、新聞、経済史、植民地史、女性史、アジア史、建築史等資料を復刻しております。

雑誌『國教』と九州真宗【編集復刻版】 全3巻+別冊1

明治20年代、日本思想界に大きな影響を与えた重要資料を復刻!

>>続きを読む

定価=本体75,000円+税

刊行=2016年7月

  カタログダウンロード

優生(1936年~1939年)【復刻版】 全2巻

『優生』は、優生学の研究および啓蒙に大きな影響力を持った日本民族衛生協会(1930年設立)の付属機関である日本優生結婚普及会(会長・永井潜)の機関誌である。 >>続きを読む

定価=本体40,000円+税

刊行=2016年6月

  カタログダウンロード

東京都養育院月報【復刻版】 全12巻・別冊1

 

戦後の混乱期から老人福祉法制定まで、日本の社会福祉はどのような道をたどったのか。既刊の〔明治・大正・昭和(戦前)期〕に引き続き〔戦後編〕を復刻刊行。 >>続きを読む

定価=本体276,000円+税

刊行=2016年5月/10月/2017年4月(全3回配本)

  カタログダウンロード

遍路(1931年~1942年)【復刻版】 全3巻・別冊1

遍路同行会機関誌『遍路』は、四国遍路はもちろん、関東の遍路についても豊富に掲載されている。近代の遍路を知るために不可欠な貴重資料である。 >>続きを読む

定価 本体54,000円+税

刊行 2016年3月

  カタログダウンロード

英人バジル・ホールと大琉球――来琉二百周年を記念して

1816年9月16日、那覇港に姿を現した英軍艦船と琉球との友好的な交流を、著者の数々の業績を踏まえて多角的に紹介。 >>続きを読む

定価 本体1,900円+税

刊行 2016年3月

  カタログダウンロード

週刊東日【復刻版】全2巻

戦後復興期の大衆文化を窺える週刊タブロイド紙を復刻。 >>続きを読む

定価 本体58,000円+税

刊行 2016年3月

  カタログダウンロード

根岸佶〈ねぎし・ただし〉著作集【編集復刻版】全5巻

中国研究者、根岸佶(1874~1971)は1901(明治34)年に上海に渡り、東亜同文書院創立期の若き教授として活躍した。1917(大正6)年には東京高等商業学校(現一橋大学)教授となり『支那ギルドの研究』『中国のギルド』をはじめ多くの研究書を残した。 >>続きを読む

定価 第2巻 22,000円+税

刊行 第2巻 2016年3月

  カタログダウンロード

十五年戦争極秘資料集 補巻47 総力戦研究所関係資料集 全9冊・別冊1

極東国際軍事裁判(東京裁判)において検察側がその役割に注目し、一般的戦争準備段階の立証審議で取り上げたことにより関心が寄せられてきた「総力戦研究所」(1940年10月~1945年3月)。今回、国際検察局文書(IPS文書)を中心とした膨大な諸資料から、総力戦研究所作成資料の丹念な抽出・編集が行われた。 >>続きを読む

定価 本体153,000円+税

刊行 2016年2月・5月・8月・11月/2017年2月・5月・8月・11月/2018年2月(全9回配本)

  カタログダウンロード

資料集・戦時下「日本仏教」の国際交流 第Ⅰ期 【編集復刻版】

1933年3月、国際連盟を脱退した日本は、やがて出口の見えない戦争へと突き進んでいった。国際的に孤立した状況のなかで、日本仏教の関係者たちは、欧米の仏教者・研究者との連絡の緊密化を図り、アジア諸国の仏教勢力との協力を目指した。 >>続きを読む

定価 本体48,000円+税

刊行 2016年2月

  カタログダウンロード

月刊 文化沖縄【復刻版】全4巻・別冊1

「国体観念の昂揚に資するか戦力増強の一助」となることが雑誌報国であった時代の中で、あくまで「文化」にこだわり続けた沖縄の文化人たち。 >>続きを読む

定価 本体98,000円+税

刊行 2015年12月

  カタログダウンロード